ブログトップ

ナゴヤ駅西 サンサロ*サロン

nagonya.exblog.jp

【報告】「大人の生きづらさ」を語る~体験発表と交流会

「大人の生きづらさ」を語る~体験発表と交流会にお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
参加者のメンタルフレンド活動に取り組まれている梅田さんからご感想を寄稿いただきましたので掲載いたします。

/////////////////////////

ウィンクあいちの情報センターISISネットワーク&ナゴヤ駅西サンサロ*サロン主催
『「大人の生きづらさ」を語る~体験発表と交流会』に行って来た。いわゆる発達障害のお話である。
僕にとって身内のような会が開いていたので会った事のある人が多いかと思ったら、新聞の広報を見て集まったのか、『一般の人』が意外に多かった。総勢53人だそうだ。すげぇ。
二次会で『オレンジの会』を京都で創設した山田孝明さんとお話する事ができた。
「発達障害は昔からあって、職人に弟子入りしたりとか受け入れ先があった」と言う所で意見が合った。僕が「学校がサラリーマン養成所になっているから問題になるのではないか」と言うと、山田さんも「僕もサラリーマンなんか合わないもん」だそうである。
この辺りは発達障害の新しい切り口かも知れないと思う。
豊田市で『個性の強いこどもを地域で支える会』をされている出口咲織さんと「発達障害を感覚的に理解できる素人もいれば、理解できない医者もいる。なぜだろう」と言うお話になったが、『サラリーマン適応指数』と言う指標(我ながらエラいネーミングやなぁ)から診断すれば、逆に定型発達を診断できるのかも知れないと思う。
で、高度な定型発達者には発達障害の理解が難しいとか・・・・。
また、ごちゃごちゃ考えるネタになりそうだ。

山田さんは二次会では『マジシャン』を名乗り、見事なカードマジックを披露された。「オレンジに五回通ったらタネを教える」と誘うらしい。
そんなこんな、色々な事を盗ませて頂いたように思う。これから消化、吸収して身に付くようにしたい。

e0184892_11263324.jpg

[PR]
by nagonya | 2012-07-24 11:27 | 猫の冬毛夏毛日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nagonya.exblog.jp/tb/18438684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 次回のサンサロミーティングのお知らせ 「大人の生きづらさ」を語る~体... >>