ブログトップ

ナゴヤ駅西 サンサロ*サロン

nagonya.exblog.jp

ZINEをみんなでつくる、そして古本市☆

いま若い人たちのあいだでブームとなっているZINE。
サンサロでもZINEをつくりたいなぁと思い、11/20にワークショップを開催しました。
ZINEレクチャーでわかったことは、

・もともとの始まりはマイノリティによるマイノリティのための、ピア・エンパワメントを目的とした媒体であること。
・水平な関係性にもとづく、商業ベースにのせない、基本はフリーペーパーであること。

ということで、ZINEカルチャーがなんとなくわかったところでオリジナルZINEの制作です!
みんなのびのびとフリーダムに自分なりのZINEを表現していて素晴らしかったです!!
e0184892_12234918.jpg

e0184892_12345960.jpg


出来上がったサンサロZINEは、11/23の覚王山古本市への出店で、無職ギルドのメンバーや関心を持ってくれた若い人たちに手渡ししました^^/
古本市は野菜やパンのマルシェもあって、賑やかにゆるやかにここちよく時間が流れるヒューマンスケールな催しで、次も出店してみようと話し合いました!
e0184892_130780.jpg

[PR]
# by nagonya | 2016-11-24 13:01 | 猫の冬毛夏毛日記 | Trackback | Comments(0)

覚王山古本市に出店しますよ☆

*覚王山古本市*の1箱古本市に、サンサロ無職ギルドのみんなで出店することになりましたヽ(*´∀`)ノ
古本、ZINE、手づくり雑貨を出しますので遊びにきてね☆

2016年11月23日(水・祝) 10:00〜15:00
「1日のんびり本を楽しんでもらうお祭りです」
http://www.kakuozan.com/festival/huruhon/
e0184892_100348.jpg

[PR]
# by nagonya | 2016-11-11 10:00 | サロンでの催し紹介 | Trackback | Comments(0)

若年者ピア・サポーターズ「駅西無職ギルド」11月のスケジュール

★若年者ピア・サポーターズ「駅西無職ギルド」11月のスケジュール

ほっと一息つきたい時、誰かの顔が見たくなった時……。多目的スペース「ナゴヤ駅西 サンサロ*サロン」では、どなたでも、お茶とお菓子でお迎えします。
いろんな顔ぶれがサンサロに運んでくる会話や食べ物を、少しの時間、味わってみませんか。

だらだら会
http://lowflight.ldblog.jp/
11月3日(木曜)16:00~20:30
参加費500円

きっかけラボ
11月30日(水曜)12:00~
参加費300円

ZINE制作レクチャー&ワークショップ
11月20日(日曜)14:00~17:00
参加費1drink

覚王山古本市*出店
11月23日(水曜・祝)10:00~15:00

低空飛行net 
http://lowflight.ldblog.jp/
11月21日(月曜)15:00~20:30
参加費300円

手料理処 よりどころ(ナリワイ屋)
11月27日(日曜)16:00~19:00
参加費500円

無職ギルドミーティング&サンサロミーティング
/月/日(月曜)17:00~18:00

[PR]
# by nagonya | 2016-10-31 08:55 | サロンでの催し紹介 | Trackback | Comments(0)

レクチャー:「ZINEを通して学ぶこと・できること――思いをシェアする/運動を知る/文化をつくる」

ZINEカルチャーの豊かな世界に触れ、実際にZINEを創ってみよう!
という企画です。
手ぶらでも、なにかネタ持ち寄りでも、お気軽にご参加くださいませ。
生存学研究センターのサイトにて告知掲載→http://www.arsvi.com/2010/20161120mk.htm
//////////////////////

■レクチャー:「ZINEを通して学ぶこと・できること――思いをシェアする/運動を知る/文化をつくる」

2016年11月20日(日)
◇14:00-15:30 レクチャー ◇15:45-17:00 ワークショップ
於:ナゴヤ駅西 サンサロ*サロン
http://sansaro.jimdo.com/アクセス/
講師:村上 潔(立命館大学生存学研究センター客員研究員)
http://www.arsvi.com/w/mk02.htm

【趣旨】
 〈サンサロ*サロン〉は、いろいろな立場の人たちによって構成されるコミュニティであり、性/障害/就労状況といった、さまざまな「ちがい」をもった人たちが共存する場所です。でも、そこでお互いのことを「きちんと知る」ことは、難しい。特に、センシティブなことは、訊くのも話すのも難しい。だからなかなか言い出せない。とはいえ、自分のこと、自分がやっている活動のこと、自分が好きな文化のことを、「ちゃんと知ってほしい」という思いは、みんな少なからずもっているのではないでしょうか。だから何かしらのかたちで伝えたい、表現したい。でもSNSでは誰が見ているかわからないし、言葉足らずで誤解される危険性がある。じっくり、好きなように、自分のペースで書(描)いたものを読んでほしい。そんなときにいちばん適した表現媒体が、ZINEです。このレクチャーでは、ZINEを通して知ることができる世界、ZINEを通してつくることができる文化・協同性についてお話ししたいと思います。誰にでも身近な参加型メディア=ZINEのもつ可能性をみなさんに知ってもらうことで、新たなコミュニケーションのかたちが名古屋の各所から生まれてくることを期待しています。

◇参加費:1drinkオーダー
◇問い合わせ先:☎080-3069-1608 ✉zkizki8@gmail.com
(サンサロ*サロン 担当:ふじわら)

e0184892_19415587.jpg
[PR]
# by nagonya | 2016-10-30 19:43 | サロンでの催し紹介 | Trackback | Comments(0)

シンポジウムなど、お知らせいろいろ

近ごろは、ピアサポートの自助会の開催が活発なようです!
ブームの火付け役?仕掛け人?低空飛行netのブログで要check☆彡
http://lowflight.ldblog.jp/

サンサロでの開催もあります。
ニュー自助会、メランコリー愛知。11月と12月の開催が決まっています^^/
http://melancholy-aichi.jimdo.com/

個性豊かなみんなの活動が活発なので、集大成としてっ!?
ババーンとZINEを発行する計画が進行中です!!
みんなから寄せられた原稿やアートや写真などをまとめる作業を、11月20日にZINEづくりレクチャー&ワークショップとして開催する予定ですのでよろしくお願いします^^/
完成したZINEは、青空マルシェ、まちのカフェ、本屋、フリースペースなどに置いてもらう予定です☆彡


ひきこもり関連でのレクチャー、シンポジウム開催のご紹介。
/////////////////////
オレンジプラザ車座集会
◆みんなで考え、語ってみたい『ひきこもり』◆

2016年11月15日(火)14:00 ~ 15:30
豊橋市民センターカリオンビル 4階 中会議室

孤立を防ぎ、ゆるやかにつながれる地域づくりのために、できることはなんだろう? 講師の先生から「ひきこもり」の現状や支援の現場などについて学びます。 学びをみなさんで共有し、自分たちにできることはなにか話し合いましょう。

主催:豊橋市民センター市民活動プラザ
http://www.tees.ne.jp/~npo-info/event.html

e0184892_8143410.jpg

/////////////////////
平成28年度厚生労働省社会福祉推進事業
◆長期高年齢化したひきこもり支援の現状と課題◆

「ひきこもり」の長期高年齢化が注目され始めています。各種調査で40代以上の割合が3、4割を占める結果が珍しくないほか、 従来の思春期・青年期問題と異なり、成人後の離職からはじまる「ひきこもり」の割合も増えています。
 また社会全体の高齢化のなか、単身の高齢者だけでなく、高齢者と未婚の子どもが同居する世帯の割合が増えています。子ども世代の非正規雇用化が進み、経済的に親に依存したり、精神的・身体的虐待に陥る例もみられます。親の介護のため離職し、世帯全体が経済的に窮迫したり、社会的に孤立したりする例も報告されています。
 生活困窮者自立支援法の施行後、「80・50問題」というように、高齢化した親が困窮した末に相談に訪れる例が増えてきました。家族会や支援現場の実例から、40代以上のひきこもりの実情を共有し、社会的な支援の在り方を考えましょう。

事業報告
「長期高年齢化したひきこもり支援の現状
 ~全国調査の結果から」

[講演]
[パネルディスカッション]

[日時]
2017年1月22日(日)13:30~16:30(受付13:10~)

[会場]
オフィスパーク名駅プレミアムホール403
(名古屋市中村区名駅4-5-27大一名駅ビル)

主催:特定非営利活動法人KHJ全国ひきこもり家族会連合会
http://www.khj-h.com/20170122.html

こくちーず:http://kokucheese.com/event/index/430130/
e0184892_8103792.jpg

[PR]
# by nagonya | 2016-10-24 08:12 | 猫の冬毛夏毛日記 | Trackback | Comments(0)